「みおふぉんダイアル」割引の秘密に迫った!

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

大手キャリアと比較したとき、格安SIMがもっとも不利な点が通話料金です。

 

IIJmioでは30秒20円が通常料金。
しかしながらさすがIIJmioで「みおふぉんダイアル」という通話割引メニューがあります。

 

 

で、どんな仕組みで通話料金が割引されるのよ?


 

「みおふぉんダイアル」とは

電話をかけようとした時に、電話番号の直前にある「数字」を入力することで通話料が割引となります。
これをプレフィックス番号といってIIJmioの場合は「0037-691」。

 

プレフィックス番号

ネットワーク用語で「接頭語」という意味です、こういうの苦手で詳細不明。。。

 

このプレフィックス番号を利用したみおふぉんダイアルの割引率は実に50%!
発信先は問いません、どこにかけてもみおふぉんダイアルを利用すれば通話料金は50%オフの10円/30秒になります。

 

専用アプリも

 

都度、プレフィックス番号を入力するのは嫌だ!という面倒くさがり屋さんのために専用アプリも出ています。
iPhone、Android両方あって、このアプリから発信するとプレフィックス番号を入力する手間は省かれます^^。

 

 

なぜプレフィックス番号を入力すると割引になるのか

ふと、不思議に思ったんです。
なんで特定の番号を入力させるだけで割引になるのか。
ひょっとして通話先の電話番号情報だとか収集されてんじゃないかと、、それがあるから割引できるのではないかと。

 

 

おいおい、まさか個人情報抜かれてんとちゃうか?!それで通話料金まけてんやろ!!


 

気になり始めるとはっきりするまでとことん調べたい私。
聞くのが一番!とIIJmioのサポートセンターへ質問しました。

 

そして以下の回答です。

 

本件のようなサービスの運用につきましては非公開となりますので、

割引となる理由はご案内いたしかねますが、お客様の情報を収集し、割引
を適用とすることはございません。

 

 

ふーん、しっくりこんけど。。企業秘密ってやつやね。


 

ただひょっとしたらMVNO他社との差別化のために、IIJが割引負担しているのかもしれませんね。
もう携帯・スマホで普通に電話する人も仕事以外では少ないでしょうから。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   
このページの先頭へ戻る