IIJmioクーポンスイッチ「みおぽん」を使ってデータ容量を節約しましょう

みおぽん

このエントリーをはてなブックマークに追加   

IIJmioのスマホ用アプリ、「みおぽん」。
このみおぽんを使うと、自分のIDで契約しているSIMのデータ通信速度を「高速」と「低速」に切り替えることができます。
この機能はウェブサイトの会員メニューからでも設定できますが、その部分だけアプリにしたものがこの「みおぽん」です。

 

「クーポン」ってなに?

このみおぽんの利点は、高速データ通信でなくてもいい時には自ら低速通信に変更してクーポンを節約できること。
ここでIIJmioでは高速データ通信が可能な容量のことをクーポンと呼んでいます。
各プランのクーポンはミニマムプランであれば毎月3GB、ライトプランは5GB、ファミリーシェアプランでは10GB、この容量分だけ高速通信が可能なんですね。

 

2種類の通信速度がある

IIJmioのデータ通信速度には2種類あって、高速の場合は下り最大225Mbps、低速の場合は下り最大200kbpsで通信を行います。

 

YouTubeなどの動画をネットで見る時は高速通信でないと途中でデータが途切れていまいますが、メール、LINEのやりとりであれば低速の200kbpsで十分です。よって普段のスマホの利用状況によって通信速度を切り替えてクーポンを節約することが実現可能!

 

LTEと3Gを選んでいるワケではない

勘違いしちゃいけないのが、ここでいう高速、低速はLTEと3Gのことを言っているのではありません!
みおぽんが行っているのは下り通信速度の制限、切り替えです。よって仮にLTEで接続していても低速通信にしていたら速度は最大200kbpsになるのでお間違いなく。
ちなみに3G規格は下り最大10数MBですから、低速通信時の200kbpsは更に遅いということです。。

 

 

何も設定していないと初期設定では高速データ通信が行われ、WiFi環境がない場所ではクーポンを消費します。


みおぽんの使い方

使い方は至って簡単。
iOS、AndroidともにアプリをダウンロードをしてIIJmioIDとパスワードを入力するだけ。すると同期が始まり契約中のSIMが一覧で表示されます。

 

みおぽん

SIM・電話番号別に契約中のプラン名とデータ残量が表示され、隣にある「ON」というのが現在の状態。
ONは高速通信状態のことで、このスイッチをOFFにすることで低速通信に切り替わります。

 

IIJmioでは当月残ったクーポンは翌月まで繰越できますから、その辺を計算しながらムダなく使うことができますね^^。

 

通信規制にご注意を

普段動画とか見ないから低速通信でいいや、という人も多いでしょう。実際に私もそうですが。。
しかし、そんな人は注意しなければならないことがあります!

 

低速通信にしたまま(下り200kbpsの状態で)3日間のデータ通信量が366MBを越えた場合、通信規制がはいります。
200kbpsで容量366MBの利用ってあまり現実的ではないと思いますが、ルールとしてあるので忘れないようにしましょう。

 

以上、みおぽんの使い方でした^^

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   
このページの先頭へ戻る