格安SIMのデータ容量は社会人なら3GBあれば十分?!

データ通信専用でも音声通話SIMでもプランを分けているのが毎月のデータ容量です。
IIJmioに限らずこれから格安SIMに乗り換えようとする場合、誰もが悩むのがプランの選定でしょう。

 

大手キャリアの場合、データ容量は基本的に無制限ですからあまり気にすることはありません。しかしMVNOの格安SIMは仕組みが違います。データ容量によって価格も異なります。

 

 

自分がどれだけのデータ容量使っているかなんて、気にしていないって!!


今回、管理人の私の利用実績を見てもらいながらプラン選定の参考になればいいと思います。

 

社会人は日中それほどスマホを使わない

 

IIJmioの公式サイト、または専用アプリ「みおぽん」ではクーポン(データ容量)利用状況を確認することができます。
で、以下が現在(2016年1月12日)の状況です。

 

 

全然使ってない。。

 

現在音声通話SIMが2台、SMS付きデータ通信専用が2台の4契約ありますが、どれもミニマムの3GBの契約。
IIJmioは当月分の残量を翌月に繰越ができるので、仮にまったく使わなければひと月に最大6GBのデータ容量になります。

 

今回3台分のクーポン残量のスクリーンショットですが、右端の総残量を見ていただくとどれも5,000MB(=5GB)以上ある。先月の繰越分なんて2GB以上あるし。。

 

ちなみに一番上の音声通話付SIMが私のスマホ。
ここまで使ってないとガラケーでもいいんじゃないかと思えてきます。。

 

ちなみに私は会社員。
スマホを使うとしても通勤時ぐらい。もちろん日中は仕事していますからスマホあまり触りません。

 

どうでしょう、3GBで十分じゃん!
格安SIMを初めて契約するならまずはミニマムの契約でいいんじゃないでしょうか^^

 

 

俺が使わなさ過ぎるのかも。。
IIJmioは途中からプラン変更もできるので、最初はスモールスタートでいいと思います。


このページの先頭へ戻る