必読!au回線網のタイプAを契約する場合には端末に要注意!!

10月1日よりau回線網を利用したMVNOサービス「タイプA」が提供されます。

 

これでmineoとUQモバイルにあわせて3社目のauMVNOキャリアになるのですが、IIJmioのauSIMの場合には端末選びに注意が必要です。
せっかく契約したのに端末が対応していなかった!な、ことのないようにしましょう。

 

 

auの格安SIMは端末選びに注意!
2種類のSIMがあるんです。


 

音声通話で異なる通信方式、CDMA2000とVoLTE

auは音声、データ通信にCDMA2000という規格を採用しています。
このCDMA2000は現在でもLTE環境がなかったり接続できない場合に利用されています。分かりやすくいうと3G時代の通信方式がCDMA2000ですね。

 

そしてLTEが主流になった今、LTE接続環境がある場合に音声通話もLTE通信網で行っています。これをVoLTE(ボイスオーバーLTE)、略してボルテとか呼ばれています。CDMA2000の音声通話と比較して品質がいいのがウリ!

 

auはこの音声通話の方式の違いにより2種類のSIMが存在します。VoLTE対応SIMとVoLTE非対応SIMです。

 

IIJmioのタイプAはVoLTE対応SIMのみ

今回IIJmioがタイプAで提供するSIMはVoLTE対応SIMのみ!
IIJmioの「タイプA」SIMでこれからSIMフリー端末を調達する、または手持ちのauのロック解除端末を利用する人は注意が必要です。

 

ただでさえau通信網に対応したSIMフリー端末は無いのに(iPhoneぐらい?)、IIJmioのタイプAはVoLTE対応SIMです!!

 

詳しくはIIJmioの中の人が書いてあるこちらのサイトをご参照下さい。
IIJmioモバイルサービス タイプAとau販売スマホの関係

このページの先頭へ戻る