格安SIMのIIJmioの契約・MNP手順、価格と他社比較サイト

この時期を逃すな!新年度新学期、家族の生活の節目にスマホの見直しを。

新年度新学期、新たに社会人になる人もいれば大学や高校進学と生活の変化の多い4月、スマホを見直すチャンスです!

ライフスタイルに合った契約を選ぶには節目の4月はベストなタイミング。IIJmioに限らずMVNO各社は新生活のはじまる4月をターゲットに様々なキャンペーンを実施してユーザー獲得に躍起です。格安SIMを検討するのならこの時期を逃がすワケにはいきません!!
格安SIMへの乗り換えタイミングにお悩みの方へ
契約更新月なんて無視!!今すぐ格安SIMへ乗り換えるべき理由

IIJmioの継続中キャンペーン

現在IIJmioで行われているキャンペーンは以下の通り。

・SIM1枚追加無料(初期費用2,000円+月額利用料400円*3ヶ月分の合計3,200円分、2017年2月17日まで)
・リチャージクーポン20%増量(ローソン限定、2017年1月31日まで)


詳細は公式サイトをご参照下さい!


おすすめ格安SIM「IIJmio」と私

 

初めまして、このサイトの管理人です。どうぞ宜しくお願いします!

 

私は現在IIJmioのSIMを4回線契約しています。5回線になりました!(嫁のは別IDです)

 

私と、高校生の子供のスマホを大手キャリアからMNPして通話機能付きみおふぉんを2回線、あと外出用としてタブレット2台にSMS付きデータSIMを2回線、合計4回線の契約です。

 

※2016年5月現在※
我が家では私と嫁、娘の3台の音声通話機能付きみおふぉんとSMS付きデータ専用SIM2回線の合計5回線契約です。

 

不安だらけではじめて利用したMVNOのIIJmioでしたが、いま大変満足しています!!!

 

このサイトでは私の実際の経験を踏まえながら、IIJmioの基本情報からユーザー視点での良いところ、そして良くないことろもご案内します。

 

現在多くのMVNOから格安SIMが出ています。どこにしようかと検討している皆さんに微力ながらお役に立てればと思っています^^。

 



格安SIM選びで悩んだらIIJmioをおすすめする理由

 

どれにすればいいって?IIJmioで問題ないよ!!


現在多くのMVNO事業者(格安SIMの提供事業者)がありますが、どれがどう良いのか若しくは劣るのか分かりづらいのが正直な所でしょうか。。どのMVNOも通信網はドコモかauの回線を借りていることに違いはないのですが独自の付加価値をつけて余計に複雑になってしまっているのが現状。

 

既に3年近く利用したユーザーとして、どの格安SIMを選らんでいいか分からない方にはIIJmioをおすすめします。その理由を説明しますね。

 

まず格安SIMを検討している人の共通認識と期待することって恐らく以下の2つに集約されるのかと。

格安SIMに期待するメリット
  • 格安SIMは毎月のスマホ維持料金が安い
  • ドコモ、au、ソフトバンクら大手キャリアと遜色ない通信環境(通信速度)である

これらは格安SIMのメリットに間違ありませんし事実そうなのですが少しだけ補足しておきます。

格安SIMの料金

毎月の通信費は大手キャリアと比較して圧倒的に安いですが忘れちゃいけないのが格安SIMを利用するSIMフリースマホ端末。
SIMフリースマホを新規で購入するのかそれとも中古(白ロム)やら手元の端末をSIMロック解除して利用するのかという選択肢がありますが、仮に新しい端末を買ったとしても毎月の通信費が安いのでそのまま大手キャリアで使い続ける場合と比べたら1年程度で差額で回収が可能でしょう。(ただし最新のSIMフリーiPhoneは高価すぎてキャリアで契約した方がいいかも)

格安SIMの通信環境

上記の通りどのMVNOもドコモかauの通信網を借りているので通信環境に違いはありませんが、実際にはMVNO間で通信速度に差があります。これは大手キャリアとMVNO各社の契約の違いとユーザーの規模感によります。要はMNO(通信網を貸す側・ドコモとau)と「大きな」契約をしているMVNOは快適な通信環境を提供できる一方でユーザーが増えてくると混雑してしまうというもの。これがMVNO各社の格安SIMの通信速度の違いを生み出しています。

 

この2点を理解した上で格安SIMの検討を始めましょう。

IIJmioの格安SIMのメリット

とは言いながら種類が多すぎるのですよー、今の格安SIM。

 

「比較するのが面倒・・」「安心して使えればいい!」という人にはIIJmioで良いのではないでしょうか。IIJmioユーザーとして実感しているメリットを挙げます。

 

IIJmioのメリット&ここが凄い!
  • 日本のインターネット業界老舗のIIJが提供者
  • 個人向けSIMカードシェアNo,1(MM総研 国内MVNO市場規模の推移・2016年3月末)
  • スマホセットで初心者も分かりやすい端末選び
  • ドコモとauを選択できるマルチMVNO
  • クイックレスポンスで丁寧な対応のサポート窓口

 

結局のところユーザー数の多いMVNOが収益を元手にMNOとの契約を拡大できる構図なんですよねー。それによって通信環境の改善を図って更に評価を得る。そしてまたユーザーを獲得しつつサポート体制も手厚くする。一旦進み始めたら止まない上昇スパイラルなんですよ。何を隠そうかその上昇スパイラルにいる筆頭格がIIJmioです。

 

どの格安SIMを選んでいいのか分からないという方は是非IIJmioを検討してください。きっと満足できる筈です^^

格安SIMを検討するならIIJmioは外せません

格安SIMを通信の信頼性で考えるとIIJmioは外せません。
だって運営会社はあのIIJですよ!日本初のISP(インターネットサービスプロバイダ)がやっている格安SIMがIIJmioなんです。

 

使ってて通信面もまったく問題なし、サポートも迅速丁寧を実感!
このことはちゃんとみんなに伝えたい。


コスト重視って人もいるでしょうが、MVNOを検討するならIIJmioは外さないで欲しい。
その上で自分に最適なSIMを選んで下さい。

 

もう日本のMVNOでスタンダードになりつつあるんです、IIJmioは。
IIJmio公式サイトIIJmio高速モバイル/Dサービス